OL時代にタッチタイピングを1ヶ月で習得した方法

一か月で習得可能なタッチタイピング方法ブログ画像

どーもこんにちは!
デザイン事務所「トコナツBASE」代表のKAORIです(*`・ω・*)ノシ

最近よく、「どうやったらタッチタイピングができるようになるの?」と聞かれる私です。

そこで今日は、私がOL時代に、タッチタイピング(ブラインドタッチ)を1ヶ月で習得した方法についてお話しようと思います。

そもそも、なぜ私がタッチタイピングを習得しようと思ったかと言うと、5年前に転職した会社が「暇すぎた」からです。ww

もうこれは、楽な仕事を探している方には朗報でしかないんですが、世の中には、何もしなくてもお給料を貰える仕事というのがあるんです。(えw)

まぁ、正確に言えば完全なる不可抗力なので、そんな求人はないかとは思いますが…ww

どういうことかと言いますと、
転職した際、某会社のメールサポート部に配属されたのですが、そこが新規立ち上げの部署でして、気合い入れて50人くらい採用したようなんですね(^_^;)

だが!しかし!

蓋を開けてみれば、まっっったくお問い合わせは来ずww

私達は1日8時間、何もすることがないという事態に陥ってしまったのですΣ(・ω・;ノ)ノ

どひゃ~w

とはいえ、クライアント様との契約の兼ね合いから、毎日一定人数の出勤は必須でした。

する仕事はないのに、毎日出勤して8時間デスクで過ごすという日々…ww

これは……

楽というより、暇!!!ww
暇すぎましたw

一応、個人情報を取り扱うため、ネット閲覧は禁止ですし、同期とのお喋りも、あまりうるさくしていると注意されます。

え、何すりゃいいの?状態ww

次第に寝てしまう人が続出しました。(そりゃそ〜だ)

そこで、上司から苦肉の策として、タイピングソフトのみ利用することが許されたのです。
スキルアップに繋がるからという理由ですね。

それまで、ずーーーっと苦手だったタイピング。
今なら時間は無限です。ww

これは神様が与えてくれたチャンスかもしれない!

(´。✪ω✪。`)✨

そう思い立った私は、さっそくタイピング上達法を同期に聞きまくりました。

そしてさっそく実行に移しました。
やることはいたってシンプルです。

・正しいホームポジションを学ぶ
・ひたすら練習!
・寿司打で極める。

これだけ!ww

1番難しいのは、ホームポジションを覚えることです。

逆にこれさえマスターすれば、あとは速さとの戦いなので、意外とチョロい。

 

ホームポジションとは?

 

キーボードは、どのキーをどの指で押すのかがあらかじめ決まっています。
それを体感で正確に覚えるために、一つの指標となるのがホームポジションです。
ホームポジションを基準に、目的のキーまでの距離がどれくらいなのか、指に覚えさせていきます。

 

これが正しいホームポジション↓
ホームポジションの画像
・中央赤線で区切られている所から右が右手、左が左手ゾーン。
・黄色は両方の親指。
・緑は人差し指。
・オレンジは中指。
・青は薬指。
・紫の線からはすべて小指です。

 

私は最初、ホームポジションの図を紙に印刷して、上に指を起き、そこでひと指ずつ押しながら、声に出してアルファベットを読み上げました。
ゆーーっくりやるのがポイントです。

最初の数日は焦らずに、それをじっくりやりました。

その後、それを紙からキーボードに変えて、パソコン上の「メモ帳」を出して、またゆーーっくり打っていきます。

※パソコンで打つときは文章を打つのがいいです。
私は、好きな歌の歌詞などを打ってました。

ちゃんとキーボードを見ながら、正しい指を使えているか確認し、間違った指で打ってしまったら、その文字は消して、正しい指で打ち直します。

そうやってすこしずつ、体に覚えさせていきます。

私の場合は、一週間くらいはそれをやっていました。

そしてそれがだいたい出来るようになってきたら、今度はキーボードから目を離して、画面を見ます。

またゆーっくり文字を打っていきます。

このころになると、スピードは遅いなりに、間違った指で打つと自分で気づけるようになります。

間違ってしまったら手元を確認!
一旦ホームポジションに指を戻して、また正しい指で打ち直します。

※ホームポジションには指で触ったときにわかる目印があって、FとJのキーに、ポコッとした丸い小さな出っ張りがあります。
Fが左人差し指、Jが右人差し指です。
そのため、慣れてくると手探りでもホームポジションに戻すことができます。

これも一週間くらい続けました。

そうすると、ノロノロですが、ホームポジションが身体に身についた状態が出来上がります。

ここまできたら、あとはスピードを上げる練習です!

 

タイピングソフト(ゲーム)を利用しよう!

 

私のオススメは「寿司打」です。

Flashタイピング 【寿司打 - SushiDA -】

回転寿司の設定で、美味しそうなお寿司が皿に乗って流れてくるんですが、その寿司ネタの名前や文章などをタイピングしていくゲームです。

最初は初級から始めて、それでも全然追いつかないんですが、次第にできるようになっていきますよ(*^_^*)♥

この段階でも、指を間違ったら、一旦止めて、正しい指の位置を確認しましょう。

2週間くらいひたすら寿司ネタを打ち続けた頃、すでに初級は軽々と打てるようになっています。
すしざんまいに行きたい病にもなりますw

そのあとは、中級、上級にチャレンジ!

私はこのやり方で、トータル1ヶ月でタッチタイピング(ブラインドタッチ)をマスターしました。

別に1日8時間みっちりやっていたわけではありません(^_^;)
さすがに飽きますしww

1日2時間くらいでもいいから、集中して毎日続けることが大事ですね(*^_^*)♬

特にホームポジションは間があくと忘れちゃうので、覚えきるまでは毎日練習した方がいいです。

 

まとめ

・大事なのは毎日やること!
・ホームポジションを覚えるまでスピードは無視!
・寿司打で練習!

 

やることはシンプルですが、続けることは難しい…。
でもタッチタイピングができるだけで、楽な仕事につける率はグンと上がります。

ひたすら入力するだけの仕事とか…
某アプリのメールカスタマーとか…
IT企業の雑務とか…

私が働いたことのある上記の会社は、すべてタイピング必須でしたが、他には特に厳しい条件もなく、働いてみるとどこも鬼のように楽でした。
※もちろん人に恵まれたのもあります♥
※もちろん他の会社はきつい部署などもあるかもしれません

楽というか、楽しい思い出しかない。

残業禁止だし、ドリンク飲み放題だし、
おやつ食べながら作業できるし。

何より、電話対応がない!
直接クレーム言われない!

モクモクと作業できる仕事が多いので、精神的にかなり楽でした。
それなりにやりがいもありましたし…。

あ!それに、自分で起業する!となった場合でも、できて損なことはありませんよね。

ブログ書いたり、書類作ったり、
何かとパソコン使いますしね。

いつかはタッチタイピング習得したいな~と思っているそこのあなた!
今年こそは、チャレンジしてみてはどうですか?(^▽^)/

 

以上っ!

 

 

はい。とゆーわけで、今回はタッチタイピング習得についてまとめてみました。 

少しはやる気が湧いてきましたでしょうか?(*^_^*)

ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

ではでは(^^)/

デザイン・イラストのご依頼はトコナツBASEへ

HP作成でお困りの方はこちらの記事をどうぞ★
↓↓

メンテナンス中の可能性があります・・・ | トコナツBASE

 

トップへ戻る